設計・監理業務の流れ
1.お問い合わせ・ヒアリング/まずは電話やメールでご連絡ください。その後、お会いして建築物の用途、規模やご予算等をお伺いいたします。それと同時に当社の概要や設計・施工実績について説明いたします。また、建設候補地や具体的なプランがまだないお客様でも「この地域に、こういった用途の建物を建てたい」というご要望でも、柔軟に対応し、土地選定のお手伝いからさせていただきます。最初は顔合わせといった気楽な気持ちで結構です。お客様と設計者の信頼関係がよりよい建築物をつくる第1ステップと考えております。素朴な疑問など遠慮なしにどんどんご質問ください。
2.事業の具体化/お客様のご要望を踏まえて迅速にプランニングを行い、ご提案させていただきます。この段階で、お客様がイメージや希望されている内容を、何回かお打ち合わせをしながら図面に反映し、基本計画を完成していきます。この時点で、諸官庁に確認が必要な事項が発生した場合は随時確認を行います。次にそれを元に設計スケジュールと設計監理費・建設費の概算金額を提出いたします。(ここまでは無料でさせていただきます)
3.ご契約/当社が提案させていただいた基本計画や設計方針等をご理解いただき、建築物の建設に向けて進めていきたいとご判断していただければ、設計・監理業務委託契約を締結し、設計・監理業務を承ります。
4.基本設計/基本計画を元に平面図・立面図・断面図等の基本図面を作成し、さらに建築物の形を具体化していき、実施設計の元となる部分をお客様と打ち合わせを行いながら創っていきます。
5.実施設計/意匠・構造・電気・設備といった建築物を建てるのに必要な図面一式を作成いたします。また、確認申請提出までに必要な諸官庁との協議や提出書類もこの時期に同時進行していき、スケジュールが滞りなく進むよう業務を行っていきます。
6.諸官庁申請及び建築確認申請業務/行政または民間確認検査機関に建築確認申請を行い、建築物を建てる許可を得ます。
7.施工業者の決定と建設コストの調整/施工は原則、当社建設部で承ります。もし、お客様に知り合いの建設会社や希望される建設会社がありましたら、お気軽にお申し付けください。見積もり金額や施工実績、技術力等を総合的に判断して、お客様にとって一番よい建設会社が選定できるようアドバイスをさせていただきます。もし、建設費が合わなかった場合はこの時点で設計変更や仕様の変更を行い建設費を調整していきます。そして、お客様と建設会社で工事請負契約を締結していただきます。
8.工事監理/いよいよ工事へ着工いたします。工事中もお客様、監理者、施工者の3者で定期的に会議を開催し、工事の進捗状況の確認や仕上材等の最終決定を行っていきます。また、監理者は設計図書通りに工事が行われているか随時チェックしていき、工事中に必要な諸官庁検査等の立会いを行います。
9.竣工・引渡し/施工者検査、設計監理者検査、諸官庁検査、施主検査を行い、不備な点がありましたら手直し工事を行い、すべての工事・検査が終了後、お客様へお引渡しとなります。※建築物の用途や規模によってプロセスが異なる場合がありますので、詳しい内容に関してはお問い合わせください。
問い合わせ /企画設計グループ 担当:伊藤 TEL:092-473-6151  FAX:092-473-6152
ページ最上部へ